独り遊び

2016.08.04

気づけば12時間眠っていた。

理由や思い当たるところはないが自宅であまり眠れることが少なく

実家だと深く長く眠ることができる。

スポンサーサイト

2016.08.03

仕事を終え、実家へ。

体調を崩していた母は台所にたち炊事をしていたので

すこしホッとした。

夕飯を済ませてベッドに横になり、みたい番組もなく

ただ流れる画面を意識をただただ沈めボーッと眺めていると

父の病院から電話が入り微熱がでたので抗生物質を投与していると連絡が入る。

そこから泥のように眠った。



2016.07.29

さいきんはアピールを欠かさないひとが多く感じられる。

正直なあたしはアピールされた途端、

うまく言葉を返せず、この人はどう言ってほしいのだろう、

と一瞬止まる。

たいていの場合、アピラーはそんなことはおかまいなしで

湧いてくるアピールなトークを展開させ

つまらない着地点でひと通りのアピールをすませると

満足げに顔を輝かせる。

他人の時間を無作法に奪うのだ。

ったく。



2016..06.24

喜怒哀楽を無垢に表現し放出した感情の波動に周囲をうまく巻き込めるひとは

とても幸福なひとだ。

幸福とまではいえなくても少なからず人には愛されるだろうし

多くに愛されることが幸福とも言い切れないが

嫌われるよりも他人には好かれていたほうが生きやすいだろう。

但し喜、怒、哀、楽すべてに素直でなくてはならない。

これは才能の一種だろう。

付け加えるとここにルサンチマンはまったくない。





2016.06.23

会社に行っていつものルーティンをこなそうとしても

つまづき、つまづき、で全く進まない。

そんな日もあるだろうとは思うのだけどつまづきが気持ち悪くて仕方ない。

やる気スイッチってことばが通り過ぎたのは記憶に新しいけど

クリトリス以外のスイッチがあるとも思えないので

頑張ろうに単を発した結婚しよう、家を建てよう、丈夫な子どもを産もう

のような煽り言葉なんだろう、煽られてたんだと気づいた。

9時半すぎにベッドに入る。


2016.06.22

まとまった雨が降るとテレビから流れてはいたのだけれど

母に電話し、今日休むと告げた。

済生会、産婦人科、昼食、若松警察署、父のお見舞い、

と母の用事を一気に済ませ、実家で軽く休んだあと

ゆきの注射を打つため動物病院へ。

9時すぎから出かけ全ての用事が済んだのはすでに18時を回ったころ。

2016.06.21

昨夜は聞き慣れぬアラーム音にドキリとした。

梅雨が役目を忘れたかのように雨から遠ざかっていたが

有り余る力を誇示せんとばかりに地面に大粒の雨を叩きつけていた。

今週末のフランス映画祭ではなにか一本くらいみようと考えているけど

昨夜のような雨の中、

足元を気にしながら、

髪の毛のうねりを気にしながら、

顔のテカリをきにしながら、

玄関のドアをあけるのはまっぴら御免なので

あたしの足が一歩でも外に向かって踏み出せるように

ほどほどにして、と森羅万象に土下座するばかり。





2016.06.18

朝から猛烈な熱気、暑さ、太陽からのおみまい。

クラクラするにはまだまだだけど

これから始まろうとする1日の幕開けとしては

立派な洗礼といえるかもしれない。

夜、宅配ピザと軽いアルコールで夕飯を済ませ微睡んでいると

兄から電話があり目が覚めてしまった。

土曜の夜は長いようで短くもあるし、短いようで長くもある。

さて、どうしよう。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。